sammbardaikuのブログ

石川県七尾市の大工です。子供3人の7人家族❤リフォームや、DIY  大工の日常の雑記ブログです~щ(゜▽゜щ)❤(白井大工) 【Googleアドセンス】【Amazon.co.jpアソシエイト】に、参加しています。

私が惚れ直した道具…「レーザーレベルCP-S38 」

この前の「大工の私を怒らせたらどうなるか?」の現場の続きです~(´Д`)。

 
安心して下さい❤今回は怒ってませんよ~!
 
 
今回は元請けの「一級建築士Yさん」が、事の発端なのですが…
 


f:id:sammbardaiku:20160212080215j:image
 
「白井さん…えっと…図面に書いてなかったんだけど…」
 
 
「どうしました、Yさん?」
 

f:id:sammbardaiku:20160212080215j:image
Yさん
 
「この作業場と、更衣室、クリーンルームの、基礎の立ち上がり部分を隠したいんだけど…。」
 
 
「ああ…なるほど、分かります。床まで壁材で仕上げたいんですね?」
 
「その通りだ…が、基礎の結露が心配だから、基礎に断熱材を張りたい。」
 

f:id:sammbardaiku:20160212080522j:image
コブラの私 「吹き付け断熱ですか…?」
 
 
「いや…そんな予算は無い。」
 

f:id:sammbardaiku:20160212075641j:image
コブラの私 
 
「それじゃ、10ミリ厚の発泡スチロールでも張りますか?」
 
 
「是非そうして欲しい…。」
 
「分かりました。直ぐにかかります。」
 

f:id:sammbardaiku:20160212081336j:image
つまりこういう事で…、写真のように基礎部分に断熱材を張れと言われたんです。
 
 
そして床からすぐ上の部分って、蹴っ飛ばしたりぶつかったりしますから、プラスターボード(石膏ボード)じゃ弱いから
 

f:id:sammbardaiku:20160212081803j:image
 
ベニヤ板を張れと。(この作業場は、壁全面にガルバニウム鋼板を張り付けるために、写真にあるように両面テープの付きやすい「塗装ベニヤ」を張りました。)
 
 
さて、そこで問題です。
 
 
 
基礎のコンクリート部分に、ベニヤ板を張らなければいけません。
 
さて、どうやったのでしょうか?
 

f:id:sammbardaiku:20160212082300j:image
「は~い!分かりますぅ!コンクリートボンドでダンゴ張りをしたんだと思いますぅ!!」
 
う~ん、惜しい…!
 

f:id:sammbardaiku:20160212082450j:image
「今回は、断熱材を隙間無く入れてくれ!ってんだから~その技は使えないんだ。」
 


「そ、それじゃ…コンクリートの基礎の上に木の下地を固定したのかしら?」
 

f:id:sammbardaiku:20160212082805j:image
「正解だっ!Yさんもそのやり方を推薦したっ!!」
 

 

 【コンクリートビスの下穴から、木工用キリまでこなす万能選手~щ(゜▽゜щ)❤】

 

 

ただ…今回の「基礎」は、そんじゃそこらの精度で造られた「基礎」じゃない…。
 

f:id:sammbardaiku:20160212083344j:image
「曲がってるし、傾いてるし、出っ張ってるんだからよー!!」
 

f:id:sammbardaiku:20160212083745j:image
そこで私の愛機「ロボラインCP-S38(リズム社製)」君が活躍するんですね~❤
 
こうやって「土台」に置いて…
 
レーザーを照射!
 

f:id:sammbardaiku:20160212084111j:image
受光機も使って、下地のツラのラインを出します。(柱、間柱から15ミリ出たラインですね)
 
すると
 

f:id:sammbardaiku:20160212084357j:image
基礎に下地をあてると、レーザーラインが本来の位置かどうか教えてくれます。
 
この写真の場合は、わずかに基礎が出てますので
 
基礎を削ってしまいます。
 


f:id:sammbardaiku:20160212105827j:image
「集塵機を繋いだコンクリート削り」で、
 

 

マキタ カップダイヤ用集じんカバー ディスクグラインダ用 100mm A-52629

マキタ カップダイヤ用集じんカバー ディスクグラインダ用 100mm A-52629

 

 

 

 


f:id:sammbardaiku:20160212085152j:image
シュイーンって、削ってみますと…
 

f:id:sammbardaiku:20160212085347j:image
ほら、ピッタンコ! こんなして合わせたら…
 

f:id:sammbardaiku:20160212085540j:image
次は高さを「ミニエレベーター三脚」で合わせます。(赤いレーザーラインが見えますか?)そしてコンクリートビスで固定!
 
実はこの下地のシタバが、土間コンクリートの仕上がりのテンバの基準にもなるので、イイカゲンな仕事は出来ないんですね(´Д`)。
 
 
まぁ、こちらの「基礎の面」は大変良くできてました。修正があまり必要なかったです!
 
 
 
が…その反対側は~
 
10ミリも出っ張ってるところがありまして…(つまり、全く断熱材の入るスペースが無い!)コンクリートカッターで切り目を入れてハツリ機ではつったのでした。怒、怒、怒~!!
 

f:id:sammbardaiku:20160212105934j:image
 
とにかく、このレーザー君のおかげです。機械の側面から、360度「死角無し」でレーザーラインを照射出来るから、可能なんですねщ(゜▽゜щ)❤
 
 
実は世の中に「最も出回っているタイプのレーザーレベル」は、機械の構造上、今回の様なレーザー照射が不可能なんですね(´Д`)。私の前に持っていた「レーザーレベル」も、そうでした。 
そういう意味では、「右へならえ的な製品」を造らず、独自路線を突き進むリズムという会社に尊敬の念さえ覚えます…。
 
ただ、リモコン等の「飛び道具」は全くありませんし、日本製の為か値段が高いです…(´д`|||)。
 
大和撫子魂(DVD付)

大和撫子魂(DVD付)

 

【やはり私は、日本製が大好きですね(´Д`)❤】

 

 

私にとっては、超お勧めな「レーザーレベル墨出し器」なので、もう一度紹介しましょう~щ(゜▽゜щ)!!
 

 

リズム ロボライン CP-S38G受光器セット

リズム ロボライン CP-S38G受光器セット

 

 

 (リズムさんのホームページ http://www.rhy.jp/

 
ただし、最初から付いている「脚」は、イマイチすぎます!! 転倒しやすいんですね。だから下の写真の「リズム 開脚スタンド」に交換しました。
 

f:id:sammbardaiku:20160212111638j:image
アンヨを動かすと、こんなふうにも設置出来るんですね。スバラシイ~!(って、リズムさんも最初からこのタイプの脚を付けてくれよ!って、話ですが…(´Д`)。)
 
ただし、この脚を直接付けると…微調整回転機能がなくなります(´д`|||)。(でも、なんとかなるものなんです。)
 
 
 
収納ケースにも、このアンヨをつけたままちゃんと入るんですよ。(ちょっと、ケースの緩衝材にズボッって突っ込んで!)
 
 

あ、ちなみにこの作業場は「いしり醤油」ってお魚を原料にしたお醤油を造る工場なんですね。
 
地元の新聞にも「ただ今工場を建設中!」って、紹介されてました。


f:id:sammbardaiku:20160212115559j:image
 
 
沢山売れて欲しいですね~щ(゜▽゜щ)❤
 
 
そしてまた、大工仕事お願い致します~m(__)m!
 
 
 
 
 
※写真画像  「コブラ」「スペースコブラ寺沢武一 集英社  東京ムービー新社 フジテレビ Amazon商品紹介より、勝手に使用していますm(__)m。お許し下さい。