読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sammbardaikuのブログ

石川県七尾市の大工です。子供3人の7人家族❤リフォームや、DIY  大工の日常の雑記ブログです~щ(゜▽゜щ)❤(白井大工)  【Amazon.co.jpアソシエイト】

七尾市の青柏祭のルーツは、けっこう「もののけ姫」ぽかった(´Д`)?


f:id:sammbardaiku:20160424121739j:image

(私が「もののけ姫」です…❤)
 
 
さて、もうすぐ?5月の3連休~っщ(゜▽゜щ)!

 
 
私の住む、石川県の七尾市で、
 

「青柏祭」(せいはくさい)

っていうお祭りがあります~(´Д`)!

 

f:id:sammbardaiku:20160422122101j:image
 
日本一大きな山車(だし)が3基も街中を動き回るんですよね~щ(゜▽゜щ)オォ~!
 

f:id:sammbardaiku:20160422121736j:image
高さが12メートルもあって、重さも20トン!
 
 
 
で、この1,000年以上続くこの青柏祭を~
 
 

「100倍楽しむ為の、お勉強会❤」

ってのをやっちゃいますが、どうですか~?って、フェイスブックで案内がありまして~

f:id:sammbardaiku:20160422204516j:image
 
私、地元民でありながらこの「青柏祭」の事を…なぁ~んにも知りませんので、参加して来ましたんですの…(´Д`)❤
 
 
場所は、例の「御祓川大学」(みそぎがわだいがく)さんですね~!
 
 

f:id:sammbardaiku:20160422122555j:image
インターンの学生さん達と、我らがゴッド姉ちゃんこと、森山奈美さんに、私を含めて生徒さんがチラホラ。
 

f:id:sammbardaiku:20160422123016j:image
「さてっ、七尾市に住んでるんだから、青柏祭の事をもっと知らなくちゃね~!」
 
 
と、数年前にテレビで放送された「青柏祭のすべて!」(byダイドードリンコ)を録画したDVDも観ながら…森山先生の講義が始まりました。
 
 

f:id:sammbardaiku:20160422124229j:image
「そもそもね~「青柏祭(せいはくさい)」って、柏(かしわ)の木の葉っぱから来てるのよね。」
 
 
 
へっ!? あの柏餅のかしわですか?
 
 
「そうよ…。柏の木の葉っぱって枯れてしまっても、次の新しい若い葉っぱが生えてくるまで落ちないのよ。 なんだか命の繋がりを感じない?」
 
 
な~るほど…それって子孫繁栄、縁起のいい葉っぱってわけですか…。
 

f:id:sammbardaiku:20160422125120j:image
近年は5月の3連休にその「青柏祭」をしてるんだけどね…
 
 
 
以前は5月の中頃の、決まった日にしてたのよ。曜日は関係なく…ね。
 
 
つまり、旧暦4月の「申(さる)の日」に行ってたの。
 
 
 
それはもちろん意味があったんだけど…
 
 
私のお父さんが、
 

「この催事には、人手がかなり必要だから5月の連休にしよう!!」

って半ば強引に代えちゃったのよね~!
 
 

f:id:sammbardaiku:20160422152523j:image
えっ…!? そ、そんなことしたら…祟りがあるとかって、騒ぎませんでしたか?
 

f:id:sammbardaiku:20160422205144j:image
そりゃ、あったわよ…。
 
無言電話とか、「バカ野郎!」っていう電話が鳴りまくったわ。だけど、仕方ないじゃない…
 
人手がいる催事なんだから。
 

f:id:sammbardaiku:20160422211220j:image
時代に合わせて、祭りも変えていかにゃならん。そういうもんだ。
 

f:id:sammbardaiku:20160422215118j:image
大きいお祭りですからね…。に、しても「申の日に…」ってなんかいわれが、あったんですか?
 

f:id:sammbardaiku:20160422215308j:image
ん?あんたそんな事も知らんのか?
 
地主神社(おおことぬしじんじゃ)、いや正しくは…「山王神社(さんのうじんじゃ)」(注1)の神様は大ヒヒやったんやそうや。
 
で、人身御供(ひとみごくう)をしとったって話だな。
 
 
いわゆる「生け贄」や。
 
毎年若い14、15歳の処女を捧げとったらしい。
 

f:id:sammbardaiku:20160422220003j:image
 
そんな…ただの昔話ですよね?生け贄だなんて…
 

f:id:sammbardaiku:20160422220647j:image
今の時代の価値観を押し付けたらいかんぞ…
 
その時代には、その時代の考え方…どうしょうもならん背景ってもんがある。 
 
 
集落同士の争いを避けるために、乱交をしとったという歴史も、どこそこにはあったらしい。お互いに血と血を交ぜる訳やな。今の時代なら、大問題じゃろうがな。
 
で、その「申(さる)」じゃが…大ヒヒの神様ってのは、どういう訳か悪い奴やったんやな。だけどそういうのに限って力がある…。
 
 
それまで皆、大人しく生け贄を差し出しておったんじゃが…
 

f:id:sammbardaiku:20160422223905j:image
「ゲゲッ!!うちの屋根に「白羽の矢」が刺さっとる!うちの娘を差し出せとのお告げじゃ!」
 
いややいやや…絶対に嫌じゃ。
 
 
 
うちの可愛い娘を差し出すのだけは嫌じゃ~!
 
 
と、その父親は考えたそうじゃ。
 
 
 
そうじゃ…大地主神社に忍び込んで、なんか
やりようがないか調べてこよう!!
 

f:id:sammbardaiku:20160422224459j:image
 
 
父親は、真夜中に神社に忍び込んで
 
息を潜めました…。
 
 
 
やがて真夜中になり、聞こえてきた声は…
 
 
神様(大ヒヒ)の呟きでした。
 

f:id:sammbardaiku:20160422224652j:image
 
グフフ…今年ももうすぐ生け贄がくるわい…
 
うまいこと越後のしゅけんにも見つけられずに済んだし…いいこっちゃ…❤
 

f:id:sammbardaiku:20160422230653j:image
(なに…?越後のしゅけんだと?)
 
父親は「越後のしゅけん」という言葉を頼りに、すぐさま越後に向かいましたが…
 
 
 
残念ながら…全く手懸かりはつかめず
 
そうしている内に、
 
いよいよ明日が生け贄を差し出す「お祭りの日」になってしまいました。
 

f:id:sammbardaiku:20160422231217j:image
「も~う、駄目じゃ~! 娘よ、堪忍してくれ~!」
 
そう、諦めた時でした。
 

f:id:sammbardaiku:20160422231335j:image

「おう、ワレー!

しばらく前からオレの事探しとるやろ? 何の用事やぁ?」

 
 

f:id:sammbardaiku:20160422231217j:image
へっ…!? あ、貴方様がもしかして「越後のしゅけん」様ですか…?
 
 

「イカ~にも~タコ~にも!」

 
 
 
実はかくかく然々で…私の娘が…
 

f:id:sammbardaiku:20160422231820j:image

「なにい~っ!?奴は七尾におったんか!こざかしい奴め…。」

 
 
 
ああ…もっと早くにお会い出来ておれば…
 
しかし残念ながらもう…時間がございません…。
 

f:id:sammbardaiku:20160422232114j:image

ふんっ!ズベコベ言わずに背中に乗れ。あっという間に七尾まで走ってやるわ!


f:id:sammbardaiku:20160422232641j:image
奴等はもともと3匹いたのを、このオレが2匹食い殺してやったのさ! まさか最後の奴が七尾に隠れてたとはな…。
 
 
 

でも、安心しな…オレがそいつも食い殺してやるぜっ!!

 
 
野を駆け山を越え、海を渡り…しゅけん達は、「あっ!」という間に七尾に着きました。
 
 
生け贄の娘の代わりに、篭に入れられたしゅけんは、その日の夜中に存分に暴れ…
 

f:id:sammbardaiku:20160422235010j:image
3匹のうち、最後まで生き残っていた大ヒヒを
 

f:id:sammbardaiku:20160422235122j:image
大死闘の末に息の根を止め…
 
f:id:sammbardaiku:20160422235223j:image
しかし残念ながら…自分自身も事切れたのでした…。
 
 
 
 

f:id:sammbardaiku:20160423000338j:image
「ああ…しゅけん様…。私の為に死んでしまわれた…!」
 

f:id:sammbardaiku:20160423000512j:image
本当にありがとうございます…。
 
 
私も、この七尾の人々も…永遠に貴方の事を忘れません…。
 

f:id:sammbardaiku:20160423000700j:image
ただ、貴方の居なくなった今…3匹の大ヒヒの祟りが怖いので、山王神社に3基の山車を毎年奉納します。
 

f:id:sammbardaiku:20160423000910j:image
そして、子孫の繁栄にも頑張ります。きっと七尾を繁栄させます!私、10人くらい子供を産みますぅ~!
 

f:id:sammbardaiku:20160423001502j:image
…と、いう言い伝えじゃ。
(諸説ありますが…(´д`|||))
 
 
この話にどんな意味があるのか…。
実は、何らかの実話を「昔話」にしたてたのかもしれぬ…。しかし、どうあれ七尾には「青柏祭」を人生の中心に据えている人も少なくない。
 
 
実際、江戸時代から明治に代わる年に…時代の混乱の中で「青柏祭」が行われなかった訳だが…
 
 
 
その責任を負ってなのだろうが…
 
 
山王神社の神主様が「切腹」したという話があるくらいやからな…。
 
 


f:id:sammbardaiku:20160423004442j:image
とぉ~~、以上が「青柏祭」の入門編です~っ!(注 実際はローカルな話題が多かったです。実際と多少かなり違ってたりします!だって全部覚えてないですもの~(´Д`)。)
 
 
 
 
で、来週はなんと、山王神社宮司様が、講師に来られますよ~!
 
なんてったって、あのロサンゼルスオリンピックの障害物リレーの日本代表になったって方なんですよね~❤
 
 
ただ者じゃないのよっ!本当に!
 
 
 
で、「なんで青柏祭は、こんなに面白いのか~!?」って、内容でお話して頂けますぅ!
 
 
 

良かったら聞きにきて下さいね~!!

 
 
 
注1 Wikipedia等には、山王神社…正しくは大地主神社の事。と、記載されてますが…宮司である大森さんによると、実は正しいのは「山王神社なのだそうです。

f:id:sammbardaiku:20160423005418j:image

f:id:sammbardaiku:20160423005508j:image
 
 
 

 

もののけ姫 [DVD]

もののけ姫 [DVD]

 

 

※写真画像 七尾市「青柏祭」 御祓川大学校内撮影 使用許可済み
もののけ姫」監督 宮崎駿 スタジオジブリ コスプレ写真 カナダの女性http://pararium.com/archives/1031061291.htmlより。その他モロモロと、引用させて頂きましたm(__)m。