読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sammbardaikuのブログ

石川県七尾市の大工です。子供3人の7人家族❤リフォームや、DIY  大工の日常の雑記ブログです~щ(゜▽゜щ)❤(白井大工)  【Amazon.co.jpアソシエイト】

日立充電丸ノコ C18DBL を修理に出したら、魔改造してあった「ロックスイッチ」まで直されて戻ってきたけど、懲りずに“安全改造”してみた話~(´д`|||)ヒェ~!

新築、リフォーム、DIY、道具の改造とかのお話 大工専門 


f:id:sammbardaiku:20170101154049j:image
 

 

この前の展示会で買った 丸~ノコ♪

日立の最新丸~ノコ♪

とっても大事にしてたのに~♪

無理してギヤから変な音~♪

 

ど~うしょう?「ワチャ!」

ど~うしょ?「ワチャ!」

 

 

クラリネットをこわしちゃった

クラリネットをこわしちゃった

 

 

(あ、パッキャマ~ノパッキャマ~ノ

パオパオパンパンパン!

あ、パッキャマ~ノパッキャマ~ノ

パオパオパ~ン…)

 


f:id:sammbardaiku:20170101065133j:image

「ゴメン!丸ノコちゃん!君を壊しちゃったみたいだよ~!!」

 

「えっ… そうなの?

 そっか… 道理でお腹の辺りから、なんだか変な音がしてるなって思ってたの…」

 
f:id:sammbardaiku:20170101065517j:image
「とにかく僕の不注意だ!本当にすまない…

君を直ぐに修理してもらうよ。

しばらく会えなくて

寂しいけど、

また元気な君の笑顔を見せてくれるかい?」


f:id:sammbardaiku:20170101065725j:image

「そっか… 私も寂しいけど しょうがないよね。ちょっとの間、お別れね。」

 

「ああ!待ってるよ… 多分、金沢の営業所での修理になるから1週間はかかると思うけど、待ってるよ。

そして、君の元気な顔をまた見せて欲しい…」


f:id:sammbardaiku:20170101070356j:image

「うん… きっと元気になって戻ってくるから… 」

 

 

そう言い残した彼女が

 

私の元に戻ってきたのは

 

別れてから10日も経った、年末の事でした…


f:id:sammbardaiku:20170101070838j:image

 

 

アデライン、100年目の恋 [Blu-ray]

アデライン、100年目の恋 [Blu-ray]

 

 

 

 

「パシャッ!!」 


f:id:sammbardaiku:20170101072949j:image


f:id:sammbardaiku:20170101073413j:image
「やぁ…お帰り❤ 10日ぶりだね!?」


f:id:sammbardaiku:20170101073556j:image

 「ただいまっ!会えなくて寂しかったわ。」


f:id:sammbardaiku:20170101073812j:image

「僕もだよ! 久し振りに見ると、なんだか君はいちだんと綺麗になった気がするよ…」


f:id:sammbardaiku:20170101074232j:image
「ありがとう…だけど私、知らない男の人に色々いじられたの…とても恥ずかしかったわ…」

「そっか… ゴメン…。

もう君に無茶させないよ。だからもうそんな気持ちにさせないから!」

 

 

再会 禁じられた大人の恋 [DVD]

再会 禁じられた大人の恋 [DVD]

 

 

f:id:sammbardaiku:20170101074851j:image

「…あれっ? なんだこれ? 

修理明細書に「スプリング」とか「その他」って書いてあるぞ…?」

 

あっ!あ~っ! もしかして… !!


f:id:sammbardaiku:20170101075312j:image

「あっ、やっぱりっ!! 

ぼ、僕が改造してあった、この【魔改造ロックスイッチ】が~


f:id:sammbardaiku:20170101075425j:image

改造前の状態に、戻されてるじゃないかーっ!!」

 

なんて事を~(*`Д´)ノ!!!

 

 

恋の時計を戻して (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

恋の時計を戻して (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

 

 

 


f:id:sammbardaiku:20170101075740j:image

「ちょっとちょっと、修理屋さん!僕がせっかく彼女のスイッチを“魔改造”してあったのに、なんで新品にワザワザ換えちゃったんですか!?」


f:id:sammbardaiku:20170101075947j:image

「ああ…ロックスイッチの事だね? 確かに君の改造してあったものを、私が元の安全装置付きのスイッチに換えといたよ。」


f:id:sammbardaiku:20170101080237j:image

「そんな!! 僕がどれだけの労力を掛けて、あのスイッチを改造したと思ってるんですか!? せっかく彼女を僕好みに改造してあったのに…直ぐに戻して下さい!」


f:id:sammbardaiku:20170101080541j:image

大体にして、親指でロックスイッチを押しながら…さらに人差し指でメインスイッチを押し込むなんてのは、正気の沙汰じゃないでしょう!?だから僕は、「ロックスイッチ」を殺しておいたんですよ!

 


f:id:sammbardaiku:20170101081000j:image

「いや…君は間違っているぞっ!

彼女は大変に危険な電動工具なんだ!

人の指くらいなら、数秒で何本も切り落とせる能力があるんだからな!」


f:id:sammbardaiku:20170101081242j:image

例えば君の改造丸ノコを、その事を知らない職人さんが借りようとして いつものようにグリップを掴んで持ち上げたら…


f:id:sammbardaiku:20170101081503j:image

 


f:id:sammbardaiku:20170101081000j:image

つい、メインスイッチまで握ってしまう事だって考えられる!その場合は大事故になる可能性もある!

普通はロックされてるはずのメインスイッチが、君の丸ノコはそうなって無いのだからね!」

 

事故が起こってからじゃ遅いんだ!うっかりスイッチが入って誰かが大ケガをしてしまってからではね!

 


f:id:sammbardaiku:20170101082751j:image

「ま、まぁ… それはそうなんですけど…」

 


f:id:sammbardaiku:20170101084015j:image

「だから直しておいたんです…。

我々はプロとして、今回のケースを見過ごす事は出来なかった。 

確かに…君の言う事も分からんでもないがね。

 

しかし、受け入れて欲しい…

しょうがない事なのだと。」

 

 
f:id:sammbardaiku:20170101084823j:image

「……。 なるほど。言われてみたらおっしゃる通りですね。私が間違っていたようです。」


f:id:sammbardaiku:20170101085209j:image

「事故を起こさない事を、まず第一に考える。その大切な事を私は忘れていたようです。今回の件、本当にありがとうございました。そしてお詫びします。」


f:id:sammbardaiku:20170101085612j:image

「いえいえ…分かって頂けて良かった…。それではまた何かありましたらお電話下さい。」

 

「ええ、ありがとうございました……」

 

 


f:id:sammbardaiku:20170101090133j:image

「ねぇ、ねぇ、 さっきの修理屋さんステキだったわね?ああいうプロ意識って、最近珍しく無いかしら?」


f:id:sammbardaiku:20170101090427j:image

「ああ、そうかもね。だけど僕は諦めて無いんだよ…」


f:id:sammbardaiku:20170101090612j:image

「諦めてないって…何を?」

 


f:id:sammbardaiku:20170101090731j:image

「決まってるだろ?君の改造さ!」


f:id:sammbardaiku:20170101090854j:image

「えっ? だって安全装置を無くさないって、さっき言ったばかりじゃない?」

 

 
f:id:sammbardaiku:20170101091514j:image

君の安全装置は、もちろん残しておく。

だけど僕が君に触れた時だけ、君がそれを解除してくれたらいい…

 


f:id:sammbardaiku:20170101091825j:image

あなただけに反応すればいいのね? もちろん私の心も体もそのつもりなんだけど…

 


f:id:sammbardaiku:20170101091946j:image

「やってみるよ。きっと上手くいく!」

 

1時間後…

 


f:id:sammbardaiku:20170101092411j:image

ね、目を開けていいよ…。 君の改造は無事に済んだから。


f:id:sammbardaiku:20170101092622j:image

そう…? 私…どこか変わったの?


f:id:sammbardaiku:20170101092818j:image

やっぱり「ロックスイッチ」をちょっといじったのさ。


f:id:sammbardaiku:20170101092942j:image

「ロックスイッチ」を押し込まなければ、メインスイッチは押せないっていう仕様は変わってないけどね!


f:id:sammbardaiku:20170101093121j:image

えっ?じゃあ私の安全装置はちゃんと残ってるのね?」

「もちろんだよ。」

 

だけど…それじゃあなたにとって使いにくいってのは改善されてないんじゃない?


f:id:sammbardaiku:20170101093442j:image

ふふっ!ちゃんと改善されてるんだよ…


f:id:sammbardaiku:20170101093549j:image

普通の人は「親指でロックスイッチを押しながら、人差し指でメインスイッチを握る」んだよね。

 

で、今回の改造はそうやらないとスイッチが入らないって事は、全く変えてないんだけど…


f:id:sammbardaiku:20170101090854j:image

変えてないんだけど…?

 


f:id:sammbardaiku:20170101093920j:image

親指で押し込むんじゃなくて


f:id:sammbardaiku:20170101094209j:image

人差し指でこっち側に押し込んでも、「ロックスイッチ」が解除される事を利用して…


f:id:sammbardaiku:20170101094348j:image

ほらっ! 人差し指側から押すと、「ロックスイッチ」が押したまんま状態になっちゃうんだよね~!

 
f:id:sammbardaiku:20170101124938j:image

人差し指側…つまり丸ノコの右側から「ロックスイッチ」を押すと…


f:id:sammbardaiku:20170101125304j:image

ギャハハ~~!!って

私の安全装置が

外れっぱなしになっちゃうのね?


f:id:sammbardaiku:20170101125627j:image

そう! 君は僕の人差し指で「ロックスイッチ」を解除されちゃったら、

メインスイッチを握るだけで僕の言いなりになっちゃうんだ❤

 

もちろん、親指で「ロックスイッチ」をプッシュしたら、いつものガードの固い君に、瞬時に戻っちゃうけどね!

 


f:id:sammbardaiku:20170101130520j:image

どっちにしろ、「ロックスイッチ」を押さなければ私のメインスイッチを入れられない訳だから… 安全上は問題にはならないのね?

 

「その通りだよ。 ただ、ロックスイッチを人差し指側から押しっぱなしにしておくと
 「ライト」君が点きっぱなしになるから、消し忘れでバッテリーを消耗させてしまう事にはなるよね…。」

 


f:id:sammbardaiku:20170101133612j:image

そんなの、安全と天秤にかけたら大した事じゃないわ…。

 


f:id:sammbardaiku:20170101133821j:image

「そうだね。とりあえず多くの人に公開しても大丈夫そうだね? 今回の「魔改造」は、しかも前回の「魔改造」と、比べたらあまりにも簡単なんだ。」

 


f:id:sammbardaiku:20170101140401j:image

それはいいことだわ。だけど、スイッチの改造は個人の判断に任せられる所よね?やっぱりしない人の方が圧倒的に多いんだと思う。

 


f:id:sammbardaiku:20170101140703j:image

だろうね。だからそのやり方はラストに簡単に説明するに留めるよ。

 


f:id:sammbardaiku:20170101141544j:image

僕達プロは時々、丸ノコの君を“逆さまに使ったり…アクロバティックな体勢で使わなければいけない”事もあるからさ… こういう「魔改造」もやむ無しって事もあるのさ。もちろん、自己責任だけどね!

 

 

 

【と、ここで重大発表させて下さい(´Д`)!今回発見した魔改造より、さらに完璧なスイッチの改造を発見しましたので近日中に発表しますщ(゜▽゜щ)❤改造はお待ち下さいね!】

 

《下のエントリーがその「完璧なスイッチ改造」の記事になります!また暇な時にお読み下さいね~щ(゜▽゜щ)!》

http://www.sammbardaiku.com/entry/2017/02/17/221829

 


f:id:sammbardaiku:20170101142833j:image

ね、ね、そう言えば関係ない話だけど2016年の世界一ハンサムな男性がアンケートで決まったんだってさ?

誰か知ってる?

 


f:id:sammbardaiku:20170101143245j:image

 

 

そんなのあったっけ?知らないぁ…


f:id:sammbardaiku:20170101143351j:image

(そう、知らないの? なら別にいいけど…)


f:id:sammbardaiku:20170101143618j:image

 

 

ハンサム★スーツ

ハンサム★スーツ

 

 

 

 

使用画像  映画「アデライン100年目の恋」 ブレイク・ライヴリー  ハリソン・フォード  マイケル・ユイスマン

NAVER まとめ」 「ウィキペディア」 よりお借り致しましたm(__)m❤


f:id:sammbardaiku:20170101143944j:image

f:id:sammbardaiku:20170101144047j:image


f:id:sammbardaiku:20170101144127j:image


f:id:sammbardaiku:20170101144148j:image

 

 

ここからは「魔改造」を紹介しま~す(´Д`)❤


f:id:sammbardaiku:20170101150425j:image
バッテリーを外して、5本のビスを外すと簡単にカバーが外れます。


f:id:sammbardaiku:20170101150617j:image

メインスイッチと、ロックスイッチが並んでますが…


f:id:sammbardaiku:20170101150742j:image

ロックスイッチだけを抜き取ります(´Д`)❤


f:id:sammbardaiku:20170101150854j:image

更にそのロックスイッチから、「バネ」を外します。


f:id:sammbardaiku:20170101151015j:image

その外した「バネ」さんより、少し力の弱いバネを準備して、長さを12ミリ程度にカットします。(写真の右側の細いバネが、今回の魔改造に必要なのですね)


f:id:sammbardaiku:20170101151325j:image

元々バネの入ってた所に、今回準備した少し力の弱いバネを入れます。


f:id:sammbardaiku:20170101151447j:image

元の場所に挿入します。そしてもと通りに組み立てます。

 


f:id:sammbardaiku:20170101151631j:image

ここのバッテリー辺りは、ちゃんと溝に入れて組まないと 絶対にくっついてくれませんから慎重にして下さいね~(´Д`)❤

 

たったこれだけで、ブログ中にありますように「親指でプッシュした時は今まで通りで、人差し指でプッシュしたときはロックスイッチが解除されたままになるという「魔改造」の完成なのですね。

殆ど偶然の産物ですщ(゜▽゜щ)❤

 

気に入った方は、自己責任で「魔改造」行って下さい。 以上です(´Д`)!

 

 

 

       お~しまいっ(´Д`)!