香典と香典返しにまつわる戯言

しばらく前の話ですが…高校の同級生Mのお父さんが亡くなられました。

卒業後も腐れ縁で、何となく繋がっているM 。
あれ…?もうすぐ30年近くになるんやね…卒業してから。ヒャーびっくりщ(゜▽゜щ)!
思い出せばそのお父さんが、「家にご飯食べに来なさい。」なんて、まだ若かった私達(悪友)4~5人を誘って下さった事があったっけ…。
f:id:sammbardaiku:20150829195605j:image
(若かりし頃の私のイメージ)
Mの大切な友達だからと。ステーキを食べさせて貰った記憶。もう、20年以上昔の話。
心よりお悔やみ申し上げます。
ところが私、葬式にもお通夜にも行けなかったんです。お仕事の都合で。
悪友Kがお通夜に行くときに、私の分の香典を持ってってもらいました。(しかも香典袋もその中身も準備してもらって)
f:id:sammbardaiku:20150829201758j:image
甘えてバカりでごめんね~!
と、いう訳で 次の日の朝にKちゃんのお家にお金を持って行きました。
「ピンポーン」
「はぁ~い!」
玄関に現れたのはKちゃんの奥さんでした。
f:id:sammbardaiku:20150829204059j:image
「あら、白井さん!」
「お早うございます。すいません、Kちゃんは?」
「お手洗いなんです。しかも大きい方の。」
「あれま。んじゃ、香典のお金と袋代受け取って下さい。」
f:id:sammbardaiku:20150829204817j:image
「はい、確かに預かりました。それじゃあ香典返しを持って来ます。ちょっと待って下さい。」
f:id:sammbardaiku:20150829205140j:image
「えっ?とんでもない。香典返しは受け取って下さい。持っていってもらったお礼です。」
f:id:sammbardaiku:20150829205437j:image
「えっ?そんな…香典返しは白井さんの受け取るべきものです!」

あれま。

そんな事言わないで、受け取って欲しいなぁ~щ(゜▽゜щ)。
f:id:sammbardaiku:20150829210309j:image
「そんな事言わないで、受け取って下さい。うちの方ではそういう仕来たりなんです。(と、嘘をつく。)」
f:id:sammbardaiku:20150829210431j:image
「そんな事言われても、うちの方ではそんな仕来たりはありません。」
f:id:sammbardaiku:20150829210607j:image
「お願いです、奥さん!」
「そんなんもろうたら、Kちゃんに怒られます!」
f:id:sammbardaiku:20150829210817j:image
「……。」
f:id:sammbardaiku:20150829211525j:image
「奥さん…」「いけません…そんな…」
f:id:sammbardaiku:20150829211745j:image

「ま~た、この妄想オッサンめ!!いっぺん死なな治らんなー!」

と、言うわけで結局私が折れました。
(後でKちゃんのお店(お魚屋さん)で、鰻でも買ってこようかしら…。)
※写真画像 ぱくたそフリー画像より

おまけ

私の嫁さんに聞いたら「そんなもん、香典出した人が、香典返し貰えばいいじゃん!」と。
じゃ、持ってって貰ったお礼は?
「そんなもん、貰った事もないし あげたことも無いわ!!」
そっか…。まぁ、その方があっさりしてていいのかもね~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ。あ~また、つまらんブログが増えてしまった…。
広告

コメントを残す