日立ビス打ち機のオイル汚れを解決するんだゼーットщ(゜▽゜щ)!!

今日も世界中のどこかで、大工さんが元気にプラスターボードを張っているんだぜ~っ!

プラスターボードってね、石膏ボードの事だゼーット!

長さが約2メートルで、幅は約1メートル!重量は、約10㎏もあるんだゼーット!

新築なら、何百枚も張るんだよ~!けっこう大変なんだゼーット!

と‥、言う事でねっ!

昔はそのプラスターボードを、電動ドライバー使って、ビス留めしてたんだよ~っ!

ボード1枚に、だいたい50本の「ビス」を締めこむから、

仮に300枚のプラスターボードを張るのなら 15000本ものビスを締めなくちゃならないんだ~ゼ~ット!

「ボードを専門に張る職人」さんっているんだけど、

口に沢山のビスを含ませて

それを器用に1本ずつ左手に吐き出して

右手の電動ドライバーで、

「ビュッビュッビュッ!」って、スーパーマッハなスピードで締めこむんだけどね~

「そんな器用な事、このオレに出来る訳ないねぇだろ~っ!!なぁ~、さやかよぉ!?」

(わ、分かったって‥)

 

オレが使うのは、テクニックよりも、やっぱり「最先端のマシーン」なんだゼーット!

「その名も“マジンガーエアービス打ち機Z”だぁ~っ!!」

 

ビスを自動で供給して、強力なエアーでそれを回転させながら ぶち込んでいく「スーパーウェポン」だゼーット!!

マジンガー(マガジン)にロールビスをパイルダーオンしたら、

トリガーを引くだけだっ!

たった1秒でビスを打ち込むんだぜ~っ!

(ファイト!ファイト!コウジ!頑張れ、頑張れ、コ・ウ・ジ!)

 

ああっ‥、この兜コウジ様にメカを扱わせたら百人力だ!

こいつで1000枚でも2000枚でも、やっつけてやるぜ~つ!

オレは無敵だぁ~っ!!

 

 

「ぬぐぅ‥

なんだか頭の悪そうなやつが調子こいてるんじゃねぇか?」

おっしゃる通りでございます。

「マジンガービス打ち機Z」なるものを手に入れてから、あやつは完全に正義の味方かヒーローになってる様です。

気に入らねぇなぁ‥

「マジンガービス打ち機Z 」をやっつける方法は無いのか!?

ああん!? アシュラ男爵!

はい‥それならば、大きな弱点がございます。

実は「ビス打ちZ」が新品なうちは殆ど無敵なのですが‥

どんどん使い込むうちに

「マジンガービス打ち機Z」は

ヘドロが出てくる様に、なってくるのでございます‥

 

「 ヘ、ヘドロだとぉ‥? 」

 

「連射だ 連射だ 連射~っ!」

「プシュッ!プシュッ!プシュッ!」

「バヒュッ!バヒュッ!バヒューッ!」

「ワハハハ~ッ!オレは無敵だ~っ!!」

 

「あれ‥?」

なんだこれ‥

マジンガーから、オイルみたいなのが漏れだしてくるようになってきたなぁ‥

エアーの排気口が真っ黒なオイルまみれだ‥

 

ウェットティッシュをテープで巻き付けてても、こんなに真っ黒になってるじゃねぇか!?

何なんだ‥!?

 

こんなんじゃ‥

 

せっかく張ったボードがオイルで汚れて、クロス屋さんに「おバカちーん!」って、怒られるじゃねぇか~!!

それにこんなの、お客さんに見られたら‥

「大工さん?何だか石膏ボードが黒く汚れてるんですけど?どうしてくれるんですか?」

って、オレの大工人生まで終わっちまうじゃねぇか~!

 

コウジ‥?

困った時は「ググれば!?」

なんでしょ?

 

はうっ‥❤ そうだったな‥

分からない事は調べればいいんだ‥

見えなかったものは、角度を変えてみたら

嬉しいものが見えるんだったよ‥❤

 

 

おい‥!

そう言えば、兜コウジが

「エアービス打ち機 オイル汚れ」

ってGoogleで検索したら、あっさり解決するんじゃねぇのか?

それは大丈夫!

さっき そのワードで検索してみたが、解決策をアップしたエントリーは無かった!

みんな困っているんだけど、漏れてきたオイルを拭きながらガマンして作業しているようだ。

「フフフ‥それは愉快だな。ククッ!

仕事しながら現場をオイルでベタベタに汚しているってのは

世界の平和を守るために戦っているんだー!

って、ほざいているくせに、

実は東京のビルディングを 片っ端からぶっ壊していたのね~!ってのと、同じ事だからな~!?」

 

「マジンガービス打ち機Z 」‥

お前と戦えば無敵だと思ってたけど‥

気が付いたら東京の街がめちゃめちゃになってるじゃねぇか‥

確かに敵は倒した‥

だけど現場はメチャメチャ‥

しかもGoogleで検索しても、解決策が出てこないなんて‥

どうすりゃいいんだ?

 

エアーコンプレッサーからの圧縮空気が、ビス打ち機Zのタービンを回した後‥

その空気は急激な気圧低下で結露をおこす‥

そのマシーンの中で発生した大量の水が‥

使用前に注入しているタービンオイルと混ざって

ドロドロな「ヘドロ」になって排気口から漏れてくる‥

作業前のオイル注入は、絶対必要!

マシーンの中で、圧縮空気がタービンを回せば空気の温度低下からの結露は自然の摂理だから、防ぎようが無い!

メーカーは、新型マシーンには「オイル吸着マフラー」ってのを新しく付けているみたいだけど

オレのマシーンは旧型マジンガーだから、そんなものは無い‥

 

「それなら新しいマジンガーを買えばいいのよ‥ 古いのなんか捨てちゃってさぁ‥」

ちょっと、あんた簡単に言わないで!

マジンガーが1台、幾らすると思ってんのよ!?

バカ言わないで‥ あっ‥

 

「おっ、おい、さやか大丈夫か!?

(だって‥古いマジンガーじゃダメだって言われたら悔しくて‥)

「そんな事あるもんか!45年前のマジンガーだって、絶対に地球の平和を守れるんだって!!」

 

「くそっ! この兜コウジ様をなめるなよ!マジンガーはオレの分身だ‥」

直ぐに直してやるゼーット!!

 

マジンガーの排気口カバーの、4本のネジをゆるめる!

それを外したら‥

排気口カバーは、簡単に外れる‥

「な、なんだ!?」

「き‥汚いヘドロみたいなオイルが、たっぷりと くっ付いているじゃないか~っ!」

「ぎゃっ!

ひゃ~っ‥ これは酷いなぁ‥

大さじ1杯くらいのヘドロがへばり付いてるんじゃねぇか!?

これじゃ、汚いヘドロが漏れてくる訳だぜ‥」

 

「パーツクリーナー」と、「使い捨てウエス」を使って掃除すれば‥

ジュババババーッ!!

 

マジンガーから、オイルの「ヘドロ」が面白いように落ちてきたゼーット!!

(ゴム、プラスチック部品にも使えて、逆さ噴射の出来る商品をお選び下さ~い(´Д`)❤)

「さやか、見てみろ!凄い量のヘドロが出てきたぞ!

もうすっかり綺麗に掃除出来たから、大丈夫!

古いマジンガーだって、まだまだ戦えるんだよっ!」

 

(わあ‥ 本当に綺麗になったわね‥ ピカピカピカチュウだよね‥)

ああ‥ピカピカピカチュウだ!

だけど、パーツクリーナーは強力だから、気をつけて使わないと逆にマシーン内部のゴムパッキンなんかをダメにするかもなんだよな!

(見える範囲のヘドロ落としに徹したら良いと思うぜ!)

光子力研究所だって、ピカピカしてるぜ!

ホバーパイルダーもピカピカピカチュウじゃねぇか!

 

マシーンの不具合は、整備が不足してるだけだったんだ‥

 

オレのマジンガー‥ ゴメンよ

また一緒に戦ってくれるか!

「マジンガービス打ち機ゼーット!!」

 

 

 

(古くても、不具合があっても‥

使う人の愛があれば、意外になんとかなっちゃったというお話を、45年ぶりに復活する「マジンガーZ」に重ねてみました~щ(゜▽゜щ)❤)

更にこのネタは、七尾市のイケメン大工さん「麻生大工さん」に、教えて頂きましたよ~(´Д`)!

「なになに?こんなのでもブログネタになるの白井さん?

今度はもっと凄いの教えてあげるよ~ん❤(岡田准一そっくりな麻生大工さんより)」

 

と、言う事でマシーンは定期的に、分解掃除しましょう~!っていうお話でしたぁщ(゜▽゜щ)。

 

「私達からもお願いっ❤」

 

 

【※使用画像について】

日本中の大工さんブログより、ボードビス打ちの作業例として引用させて頂きましたm(__)m。スミマセン!

岡田准一さん (麻生大工さんが似ているので、使用させて頂きましたm(__)m)

以下Wikipediaより、引用させて頂きました。

 

おしま~いщ(゜▽゜щ)!

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す