大工さんの「規矩術(きくじゅつ)」、指金(さしがね)の使い方~щ(゜▽゜щ)❤

大工さんの「規矩術(きくじゅつ)」、指金(さしがね)の使い方~щ(゜▽゜щ)❤

その昔‥

空を飛べるのは、

「天使」か「悪魔」の特権で‥

 

 

(とぉ〜っ!!)

大工さんもまた、「規矩術(きくじゅつ)」という術で

複雑で、大きな建物を

まるで「魔法使い」のように、建てていた時代がありました〜щ(゜▽゜щ)❤

 

だけど‥

 

魔女や天使ちゃんは、空を飛んでるところを「カメラ」に撮られると

パンツが見えちゃうから嫌だと言って

近年は、全く空を飛ばなくなり‥

 

(ギャハハ〜! バカ〜! エッチ〜!!)

 

大工さんも似たようなもので、

コンピューターに「規矩術」を任せて‥

 

自らは「組み立て屋」と呼ばれる様になりましたぁ~(´д`|||)。

Advertisement

ったく‥  たわけが〜っщ(゜▽゜щ)!

 

指金(さしがね)は単なる「直角定規」ってか‥?

 

日曜大工とプロの大工の違いは

指金でもって

「規矩術」が使えるかどうか‥だったんだろがぁ〜щ(゜▽゜щ)!?

 

はぁ‥  情けねぇと思わねぇか?

この前‥オレは聞いたんだよ、若い大工さんに‥

「なぁ、指金を使って“配付けタル木”の墨付けが出来るか?」

って‥

 

そしたら、

「ハハッ!白井さ〜ん、何言ってんですかぁ〜щ(゜▽゜щ)!?

そんなの知らなくたって、大丈夫なんですよ〜!

コンピューターがちゃんと計算して、材料をプレカットして現場に運んでくれる時代なんですから〜!」

 

って‥ あっさり涼しい顔で こたえやがんのよ‥

ハハッ‥         なぁ?どう思う?

 

あの‥  その「配付けタル木」とか、「規矩術」って、一体何なんですかぁ‥?

 

あっ!?       あ〜  そっかそっか‥   初耳!?

(って、それ知ってる女子高生いたら、逆に怖いわね〜щ(゜▽゜щ)!)

 

えっと‥

僕の後ろに見える形の屋根って、

4つの方向に“勾配”が付いてる「寄せ棟」っていう屋根なんだけど

その内部の骨格って‥

 

こんな骨組みになっているんだよねщ(゜▽゜щ)!

 

ズラ〜ッって、たくさん並んでいる「人の腕くらいの太さの木の棒」を

「屋根タル木」って、言うんだけど‥

 

その「タル木」の上に「ベニヤ板」なんかの板材を釘で打ち付けて

更にその上に「瓦」とか「トタン」を葺いたら、屋根さんの出来上がり〜!って、事なんだけど‥

 

で‥  この写真を見てくれる?

さっきの「屋根タル木」を斜めにカットして、

隅木っていう「人の太股くらいの」太さの材料に、取り付けてる写真なんだけど

その「斜めにカットしてるタル木」が、

“配付けタル木”で‥

 

その「配付けタル木」とかを、指金を使って墨をする技を「規矩術(きくじゅつ)」って、言うんだ‥

 

さて、突然だけど問題!

 

「タル木」の上の方(隅木との接合箇所上面)が“斜め”に切ってあるけど

いったい、どんな角度なのでしょ〜うか〜щ(゜▽゜щ)!?

 

え〜っ‥?    ちょうど45度じゃないんですか?

だって、直角の半分だよね?

(うんうん、90度の半分に見えるよね?)

 

ありがとう!  そう見えるよね?  45度に!

 

だけど残念ながら、この「タル木」のカットしている角度は、

45度より少しだけ尖ってるんだよね〜щ(゜▽゜щ)!!

 

例えで‥

この屋根の勾配(水平10に対して立ち上がり4)、“4寸勾配”の屋根で説明してみるけど‥

 

す‥   寸‥!?

寸って、江戸時代の言葉ですよね?

それに屋根の勾配って「分度器」で分かるように〇〇度って、数字で表すんじゃないんですかぁ?

 

ハハッ!

寸って、単位は現代でも ちゃ〜んと使ってるんだよ〜щ(゜▽゜щ)!

 

4寸勾配とか、5寸勾配って呼び方だって  ごく普通だし。

逆に〇〇度の角度の勾配の屋根です!って言ったら、大工さんには通じない(笑)!

 

まぁ‥ 最近は「寸」よりも「メートル」の指金を使う人が多くなってるかも知れないよね(図面が「メートル」表記だから)。

でも、規矩術を使う時は「4寸勾配」のように圧倒的に「尺( 寸の10倍の単位)」を使うんだよね。

(聖徳太子が、大陸から指金を学び 日本に規矩術を広めた歴史ってのが 今でもそうさせているのかな?)

 

で‥  話を戻すけど

「配付けタル木」の上面の角度って ほんの数十年前までは「コンピュータープレカット」なんてのが無かったから、大工さんが自分で墨をして自分でカットするしか無かったんだ。

だから、こんな「配付けタル木」とか「広小舞」を屋根の勾配を計算して墨してカットするなんて、当時の大工なら何でも無い事だったんだ。

で、いきなり“さっきの角度の答え”を言うけど‥

 

「配付けタル木」の上面の切り墨は、“10対10,8”の三角形の勾配になるんだ。

 

おっ!なるほど‥  確かに45度内角を2つ持つ、「二等辺三角形」では無いわね‥

だけどなんで「10,8」なんて変な数字が 急に出てきたの?

 

いい質問だ〜!   何故、10,8なのか!?

ちゃんと理由がある。

もちろんそれが「規矩術」の入り口なんだけどね‥

 

今、僕たちに与えられてる情報は  屋根の勾配が「4寸勾配」という事だけ。

だけど、「指金」があれば数秒後には「10,8」という数値が分かるんだ。

 

指金をこうやって‥

 

そこら辺に転がってる材料に、長手に1尺‥ 短手に4寸と‥

それぞれ合わせて指金を置く!(4寸勾配ですからねщ(゜▽゜щ)❤)

 

その1尺(1寸の10倍の事)の所に鉛筆で、写真のように墨をして‥

 

こちらの4寸の所にも、同じく鉛筆で墨をしますщ(゜▽゜щ)!

で‥、今それぞれ墨をしたところの距離を

 

測ってみると‥

ほら‥ 1尺8分。  つまりさっきの10,8って数値が、わずか数秒で分かるんだよね。

 

ちょっと待って‥  その10,8って、結局一体何なんですか?

 

フフッ!またまた  いい質問だ!

 

それこそ規矩術で言うところの「玄」って、言うんだけど‥

もう一度、屋根の画像を見返してみようか?

 

水平が10(1尺)、立ち上がりが4(4寸)。

で、その10,8って数値は‥

 

つまり、勾配の“流れの長さ”の事なんだよね〜щ(゜▽゜щ)!(「玄」って、言うんだけど。)

 

水平基準が10、立ち上がりが4、勾配の流れの長さが10,8‥

この3つの数値が分かれば‥

後は立体をイメージすればいい!

 

寄せ棟の、隅木の掛かってるところに

 

切りたい角度の三角形をイメージすると‥

さっきの「配付けタル木」をカットするラインが見えてくるんだ!

 

 

えっと‥  そうしたら、大工さんっていつもこんな「三角形の定規」を持ち歩いているんですか?

 

フフッ‥!    それじゃ  かさばっちゃうから、「指金」さんの登場なんだよ。

 

指金をこうやって置けば、その三角形と同じ角度になる。

(だけど「1尺対1尺8分」なんて計られる長さの指金を持ってないので、それぞれ半分の5寸対5寸4分という数値に直すのが、一般的です)

 

この角度が配付けタル木の“上ば”の切り墨だけど‥

上面ではない“側面側”の切り墨は、

下の写真の通り、簡単に4寸勾配でOK〜щ(゜▽゜щ)!

 

つまり、こんなのがイメージ出来れば、配付けタル木は簡単過ぎるくらいだよね〜щ(゜▽゜щ)❤

(尺の指金で無くても、メートルで「10センチの10,8センチ」で長さを取っても、もちろん同じ事です)

Advertisement

ついでにこの「広小舞(ひろこまい)」のおがみの角度も、4寸勾配なら‥

 

さっきの「配付けタル木」の時に使った“特製三角定規”が、そのまま使えるんだよ〜щ(゜▽゜щ)❤

もちろん、「配付けタル木」の時は“上の方の鋭角”を使ったけど‥

「広小舞」は、“左下の鈍角”の角度がそれになりますよね!(見ての通りですけど‥)

 

それじや、この「三角形の定規」って“上のトンガリ”が「配付けタル木」の角度で

“左下のトンガリ”が「広小舞」の角度に使えるって‥

 

一粒で二度美味しい、「グリコのキャラメル」みたいじゃないですかぁ〜щ(゜▽゜щ)❤

 

そうなんだよね〜!

だけど、本当は二度 美味しいどころじゃ無くて、

その「特製三角形」がイメージ出来たら、

「配付けタル木」も

「広小舞」も「瓦座」も

「裏板」も「鼻隠しの上バ」の墨だって、出来ちゃうから

 

1冊で「政治」も「経済」も「もてるアイテム」も「女の口説き方」さえも教えてくれる

男性雑誌と、同じやないけぇ〜щ(゜▽゜щ)❤

って、レベルなんですよねっ!

 

まぁ‥  とにかく

基準になる「水平」と「立ち上がり」が分かれば

「流れの長さ」は、指金を使えば、数秒で出せるから

 

規矩術の「勾(こう)  殳(こ)  玄(げん)」の3つの長さが分かるから、無敵って事なんだよね!

 

こういう「規矩術」の教本を読むと‥

「長玄」とか「中勾」、さらには「欠勾」とか、色んな難しい単語が出てきて、脳ミソがパンクしてきますけどね‥щ(゜▽゜щ)❤

 

あの‥  「規矩術」ってちょっと格好いいなぁ〜って、思っちゃった自分がいるんですけど‥

 

僕もそう思うよ。

それこそ「飛鳥時代」から建築に命をかけていた男達の熱いハートを感じる!

だって‥コンピューターどころか、「原寸図を描くベニヤ」さえも無かった時代に

「指金」を駆使して

複雑で巨大で素晴らしい建物を、建ててたもんね〜щ(゜▽゜щ)!

 

 

その時代って、図面を描く「紙」だって、ろくに無かったんじゃない?

あっ!そっか‥

 

それを言ったら「電動丸ノコ」も「ドリル」や「インパクトドライバー」も無かったやん!

いやいや‥  それよりもトラックも無ければ、レッカーも無ければ、フォークリフトだって無かったよね?

現場を照らすライトだって、ロウソクしか無かった?

 

う〜ん‥ 「規矩術」だけじゃないよね?

昔の大工さんって‥本当に!

 

どうやってあんな大きなお仕事してたん?

足場だって、あんな高い所まで丸木を縛っただけだよね〜?

 

ねっねっ!ちょっとちょっと!

なんだか私、気付いちゃったかも‥

 

うん!私もそう思う!!

多分、大昔の大工さんって‥!

 

私らみたいな「魔法使い系」だったんだよ〜!

 

 

(魔法使い系‥?)

 

そう!私達と同じ!

 

魔法を使える人達だったんだよ〜!

 

(だって「規矩術」も、魔法みたいや〜ん❤)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【使用画像について】

「規矩術」「指金」「日本の建築」等の検索で表示された、多くの建築関係の皆様の映像を引用させて頂きましたm(__)m。

高橋一生

 

ガヴリールドロップアウト

 

 

 

さぁ、私も

「魔法使い」の血を呼び覚ますぞ〜っщ(゜▽゜щ)キャ〜ッ❤

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。