「夏休みの工作」に、小学2年生(三男)の成長を見ました(´Д`)❤

 

 

保育園児の頃から“工作が大好き”な三男‥

 

工作のために「保育園のセロハンテープ」を、一人で使いまくっていた三男‥

 

(保育園の先生に、テープ料金払いますって言ったらウケちゃったくらいでしたからね~(´Д`)。)

 

 
f:id:sammbardaiku:20170808220133j:image

もう、彼は保育園はとっくに卒園して

 

小学2年生になっているのですけど‥

 

いまだにドラえもん

「どこでもドア」とか、タケコプター」、「空気砲」

なんかを、せっせと作っては

スーパーの袋に大切にしまっているのですね。

これってなんだか保育園の頃から 大して変わってないのですねぇ‥

f:id:sammbardaiku:20170808220513j:image

「見て見て、タケコプタ~❤」

 

 

で、そんな彼が‥

 

去年の初めて作った“夏休みの工作”が

「でっかいロボット~❤」

だったのですが

 

設計、施工を全て一人でやったので、

まぁ‥ 本当に子供の工作。

 

最近の小学生の「夏休みの工作」として、学校に提出出来るレベルには、残念ながら届いていませんでした。

 

しかし彼はその「ロボットちゃん」を始業式の日に大事に大事に小学校に持って行ったのですね❤

 

 

もちろん‥

 

金賞どころか銀賞にさえも、かすらなかったのですが‥

 

 

しかし彼は、その事でよっぽど頭にきてたんですね~щ(゜▽゜щ)ヒャ~!

 

 

 

ついこの前、夏休みの最初のお出掛けで「ショッピングセンター」に、親子でちょいと遊びに行ったのですが‥

 

二人の兄達がゲームセンターに、一目散に駆けていくのに

三男は私の手を引いて「本屋さん」

に行きたいと言うのでした。

f:id:sammbardaiku:20170808221503j:image

「おいおい、どうした~?ゲームしないのか? コロコロコミックでも買いたいのか~?」

と、聞くのですが‥ 彼は首を横に振るだけです。

 

やがて本屋さんに着くと、目当ての本が正面に山積みになっていたようでいきなり「立ち読み」を始めました。

 

「何がいいかなぁ~?」
「ねぇ、父ちゃんどれがいい?」

 

彼が聞くのはどの本がいい?って話じゃ無くて

「どれを作ったらいい?」

って事でした。

 

「宇宙ステーション」に「プロペラ飛行機」、「カブトムシ」や「水族館」などなど‥

夏休みの工作を特集している本の中身は彼のパラダイス銀河だったのですが

 

三男には刺激が強すぎたのか、えらいハイテンションになって

 

目を輝かせては次々と私に「どれがいい!?どれにする!?」って、マシンガンのように話しかけてくるのでした。

 

f:id:sammbardaiku:20170808223023j:image

「まぁ~、そなたの作りたい物を選べば良い!気に入った“工作の本”があったらワシが買ってやるから、選びなさい。」

 

すでに立ち読みじゃなく、近くのベンチに本を2冊も持ち込んでの座り読みしていた彼が選んだのは

 

「SL(蒸気機関車)」

の作り方が載っていた本でした。

f:id:sammbardaiku:20170808223811j:image

 

身近な素材でつくる 小学生のわくわく工作

身近な素材でつくる 小学生のわくわく工作

 

 

 

f:id:sammbardaiku:20170808224225j:image
「お主~、SLはちょいと難しいんではないかいのう?」

f:id:sammbardaiku:20170808224514j:image

「大丈夫だよ❤ 父ちゃんがいるからっ!」

 

「ほあ~!? ワシを頼っておるのか?」

「ちょっとだけ手伝ってよ!

取り合えず100円ショップに行って材料を一緒に買いに行こっ!!」

 

そんなこんなで「黒色の画用紙」やら「竹ひご」「アクリル絵の具(黒と黄色)」「筆」「円柱型発泡スチロール」「スポンジ両面テープ」などを買い込んだら

彼はここ最近ない、ニッコニコな顔になっているのでした。

f:id:sammbardaiku:20170809123803j:image

「さぁ、父ちゃん作るよっ!」

って‥自宅に帰ってきたら早速、工作の開始です。

f:id:sammbardaiku:20170809124614j:image

どれ、取り合えず機関車のボディーを作るか‥

チップスターの丸い入れ物で作るんだよね?」

 

 

f:id:sammbardaiku:20170809214747j:image

いんや、黒い画用紙を丸めて作る!

 

チップスターの入れ物が無いから?」

 

そう、その通りっ!

 ハッキリ言って、小さなテープの芯だって幾つかこの工作には必要なんだけど、ひとつも準備は出来ない!

 

だけどな‥ 無い物は作れば良いのじゃよ❤

 
f:id:sammbardaiku:20170809221612j:image

「おっ! さっすが大工~!」

 

 

私は画用紙を丸めるには、

“机の角でしごくと上手くいく”という事や

 

 

暴君社長のドSなシゴキ★感じすぎて声がもれちゃうっ 1 (乙女チック)

暴君社長のドSなシゴキ★感じすぎて声がもれちゃうっ 1 (乙女チック)

 

 

ボンドやホッチキス、スポンジ両面テープの使い方

 

アクリル絵の具の水加減の大切さを教えながら‥

f:id:sammbardaiku:20170809222312j:image

SLのボディーと煙突、車輪の加工までを手伝ったのでした。

f:id:sammbardaiku:20170809222453j:image

でも‥ まだまだ先は長い‥

 

明日も仕事から帰ったら、

夕食後は“工作タイム”だなぁ~なんて考えてました。

 

 

 

が‥!!

f:id:sammbardaiku:20170809223642j:image

出来てました‥

 

夕方、お仕事から帰ってきましたら

 

一応‥ 出来てましたね、SLが。

 
f:id:sammbardaiku:20170810123432j:image

「ツァン(三男のあだ名です)!これ、お前一人で仕上げたのか!?」

 
f:id:sammbardaiku:20170810124211j:image

「そうだよ~❤」

f:id:sammbardaiku:20170810124413j:image

でかした!たいしたもんじゃ!誉めてつかわそうぞ!

f:id:sammbardaiku:20170810124256j:image

「う~ん‥ だけどね、車輪が上手く出来てないんよね‥」

 

「車輪?」

私はそっとSLを持ち上げて、車輪を車体の裏側から覗いてみました。

f:id:sammbardaiku:20170810214645j:image

 「あらら‥ こりゃいかんわな。」

 

 工作の本の通りの材料が集められなかったので、在り合わせの材料を工夫して作ったのですが

f:id:sammbardaiku:20170810220018j:image

車輪の材料を、円柱の発泡スチロールにしたのがいけなかったのですね。

 

それをノコギリでカットして

f:id:sammbardaiku:20170810220151j:image

ドリルで穴を開けて車輪に見えるようにして、黒のアクリル絵の具で塗装したのですが‥

強度が足りなくて、車輪が壊れる寸前になっていました(´д`|||)。

f:id:sammbardaiku:20170810220521j:image

(うぬ‥ ここはしょうがない。ワシが助け船を出すか‥)

 

 

「なぁ‥どうする? お父さんが車輪の補強とかしようか?」

 

三男はしばらく考えてましたが

 

「父ちゃん、頼む‥ このままじゃバラバラになるし‥」

と、こたえました。

 

 

彼なりの苦渋の選択だったと思います。

 

 

私は夕御飯とシャワーを済ませたら、壊れかけの車輪を補強する作業にかかりました。

 

ボロボロになった車輪の中心部にボンド等を詰め込み、
f:id:sammbardaiku:20170810220839j:image

車輪の軸になる竹ひごに

ストローをかませて車体に固定する方法に

作り換え

 

車軸の竹ひごから車輪が外れない工夫も、付け足しておきました。

 

 

 

 気が付くと夜の10時になってましたが

 

なんとか、直せてホッとしました。

 

 

 

実は三男はこの車輪の部分が全く上手く出来ずに、半泣きになりながら工作をしていたのだと夕食の時に妻から聞きました。

 

そしてイライラして物を投げたりしながら

なんとかこれだけの形にしたんだと。

 

「お父さんが仕事から帰ってきたら、一緒にすれば‥?」

 

と、私の嫁さんと母がそっと言ってみたのですが

彼は「自分でする!」ってきかなかったそうですね‥

 

 

 そして次の日の朝‥

f:id:sammbardaiku:20170811125601j:image

私の直した車輪に、アクリル絵の具で着色している三男がいました。

 

普段なら絶対起きない時間の朝陽は、縁側から真横に差し込んでましたね。

 

f:id:sammbardaiku:20170811201311j:image

ヘッドライトの黄色も濃く塗り直して

ナンバープレートには「SL」と書き込みをしました。(このSは、最初鏡文字に書いてしまって、書き直してます‥(´Д`)。)

 

 

f:id:sammbardaiku:20170811202149j:image

 

(人は夏に成長するんだと、誰かが言ってましたが‥

確かにそれはあるなと‥

今回の件で、なるほどと思う私なのでした‥ )

 

f:id:sammbardaiku:20170811202441j:image

 

 
f:id:sammbardaiku:20170811204532j:image

 

 

 

 

 

【※使用画像について】Wikipediaより引用させて頂きましたm(__)m

f:id:sammbardaiku:20170811202916j:image

f:id:sammbardaiku:20170811202938j:image

f:id:sammbardaiku:20170811203001j:image

 

 
f:id:sammbardaiku:20170811203655j:image

f:id:sammbardaiku:20170811203714j:image

f:id:sammbardaiku:20170811203734j:image

f:id:sammbardaiku:20170811203835j:image

 

 

   と‥、 今回は わが家の「ミニアルバム」でした~(´Д`)❤