大工の私を怒らせたらどうなるか…「基礎屋さん」編

私は滅多な事では怒りません(*`Д´)ノ!!!

温和な「白井大工さん」なんです!
が…
f:id:sammbardaiku:20160206071844j:image
久し振りに
f:id:sammbardaiku:20160206071930j:image
「チャカ」を持ちたくなりました…。
それはこの前の「新築の現場」の話です。
2日後の「建前」の為に私は
「土台」をひきに現場に入りました。
プロの方になら説明は要らない話なのですが…このブログは、全くの素人さんも読者に想定してますので…
簡単に説明しますね。
木造の建物は
まず、「土台」という材料を水平にゴロリンと据えて
f:id:sammbardaiku:20160206072928j:image
そこに「柱」を建てて「桁」で繋いで「梁」をかけたら
f:id:sammbardaiku:20160206073051j:image
まぁ…このような建物になるわけです。(かなりおおざっぱですが。)

と、言う事は…その建物がのることになる「鉄筋コンクリート製の基礎」が、とても大事な訳なんです。

当たり前ですが「水平であること」「平面図通りの寸法である事」は、絶対に外せません。
お察しの通り、「その2つ」がまぁ…駄目だったんですね~щ(゜▽゜щ)!
f:id:sammbardaiku:20160206075020j:image
これはその時の証拠写真。ほんの2メートルの間で10ミリ程「登り坂」になっている所がありました。
レーザーレベルって、「20万円くらいする機械」で調べるので簡単に分かるんです。その機械の精度は高くて、10メートルでの範囲内の誤差は1ミリ以内なんです。

リズム ロボライン CP-S38G受光器セット

リズム ロボライン CP-S38G受光器セット

でも、もしかしてレーザーレベルが狂っているのかもと、機械を90度、180度と向きを変えて測ってみましたけど 結果は同じでした。

もっとも安定した高さを基準にして、高い所が上記のプラス10ミリ。更に低いところがマイナスの3ミリ。
つまり一番高い所と低い所の差が13ミリもあるという

下手くそにも程がある「基礎」だったんです…。

f:id:sammbardaiku:20160206080458j:image
「もしもし…お疲れ様です、今お電話大丈夫でしょうか?」
私は元請けの設計士の、Yさんに電話しました。
「あの…実は基礎があまりに酷くて…連絡させて頂きました。なんとか修正をして引きますけど、なにしろ13ミリも高低差があって、しかも全てのテンバが波打ってますから…時間がかかります…」
f:id:sammbardaiku:20160206081111j:image

「何~っ!!そんなに酷いのか!ったく役に立たんなー!!」

「あ…まぁ、そうですね…半日くらいは余分に手間がかかりそうです。」
f:id:sammbardaiku:20160206081356j:image

「ったく、だからいい加減だって言われてるんだ!もう、使えんなあそこは!! まぁ、白井さん悪いけどなんとかしてくれるか?すまんな。」

「分かりました。それでは…はい。」
f:id:sammbardaiku:20160206082111j:image
(はぁ…参ったな…。)
ここは1月の北陸…。晴れ間なんてほとんどありません。
その日も小雨でした。
墨壺なんて使えませんから、レーザー光と、2メートルのアルミのサシにシャープペンだけが頼りです。
私はレーザーレベルで、基礎の内外に切断すべき墨をアルミのサシとシャープペンですると…
ディスクグラインダー(いわゆるサンダーさん)に、オフセット型コンクリートカッターの刃を付けて

【この刃が、値段の割にとても切れます!】

基礎の外と、内側から切り込みを入れて
その切り込みを繋ぐようにして、基礎のテンバを水平に修正していきました。
f:id:sammbardaiku:20160206083616j:image
小雨はやがて雪混じりになり…昼から始めた作業だったので、ものの数時間で夕方の暗さになってしまいました。
着ていたカッパはコンクリートの粉まみれで、それがドロドロにへばり付いて…
口元を覆っていたタオルは、眼鏡を曇らせるので取ってしまうと…
私の鼻の穴もコンクリート粉のドロドロまみれになってしまいました。
f:id:sammbardaiku:20160206084453j:image
「うわ~っ!!なんでいい加減な基礎屋の為に私がこんな目にあわなきゃいけないんだ~!!」
f:id:sammbardaiku:20160206084617j:image

「基礎屋のバカ野郎ー!!豆腐の角に頭ぶつけて死んじまえ~っ!!」

プルルルル~

「ああ~白井さん、ゴメンね~!「上等建設」です~!基礎が酷かったって?連絡受けたもんですから~」
「あぁ…わざわざどうも…」
私はカッパの奥からスマホを取り出すと、ようやく電話に出ました。
「いえね、なにしろ天気が悪かったものだから上手いこと出来ないんですよ!スミマセンね~。」
私は何と応えていいのか分かりませんでした。その人は、昔から知ってる職人さんでしたが…今回、本当に久し振りにお仕事してもらったのでした。
「ああKさん…13ミリも高低差が有りましたよ。特別高い所は4メートル程の範囲でしたので、カッターで落として…低い所も2メートルの範囲でしたので、パッキンをかませます。
ただ、全体に波打ってるんですよ。削って平らにするんですけど…ちょっと酷かったですね…。」
「いや~ゴメンゴメン!また、頼むわいね~。」
全く無駄な電話でした…。(出なけりゃ良かった。)
それにしても…
たまたまこんな仕事をしてしまったのか?
いつもこんな仕事なのか…?
この前の「新築の倉庫」の基礎は別の会社だったから本当に完璧だったけど…
(もう、「上等建設」さんに、仕事を頼む事はしたくない…。)
私の怒りはいつしかなんとも言えない空しさに変わっていました…。(え?私が怒るとどうなるって? 全く大したことありませんでしたねぇ…(´Д`)。)
(なお、このお話は実話でありフィクションではありません。ただ、「会社名」等は仮名を用いています。)
※写真画像
ぱくたそフリー画像
西部警察テレビ朝日 石原裕次郎 スミマセン勝手に使用させて頂きましたm(__)m。
※写真2枚目が「西部警察」とのご指摘頂きました。pribetchさん、ありがとうございましたm(__)m。
広告

「大工の私を怒らせたらどうなるか…「基礎屋さん」編」への16件のフィードバック

  1. 猫の写真つきでわかりやすい説明が優しいですね。
    そして、白井さんが苛ついて体がネジ曲がっちゃうような気持が写真でよくあらわれてます!違うのかな?
    それにしても基礎屋さんは直しに来ないんですね。そこが理解できません。

  2. なんでなんでちゃん、3つ連続コメント…本当にありがとうございます(´Д`)~!!(ソンナヤサシイコトサレタラ、ホレテシマウヤロ~( ノД`)!)
    猫の説明いいでしょ?工夫してるんですよ~(´Д`)!体がネジ曲がるほどの心情もその通りです!
    で、基礎屋さんは私よりも幾つも年上で、顔見知りだったから こんな対応になったのかと思います(´д`|||)。でも、酷いですよね…。

  3. 年上とは言え、酷いもんです。
    白井さんは怒れないタイプなんですね。実は私もなかなか怒れないタイプです。なので、体がネジ曲がっちゃう気持わかります。溜め込むと体に悪いので気を付けてくださいね。

  4. 白井さんは本当に温厚な方なんですねー。
    設計屋さんと基礎屋さんは口先だけなんで、明日には、すっかり忘れて晴れ晴れとしているんじゃかないでしょうか。

  5. ゴメンで済んだら警察要らーんっ!ヾ(*`Д´*)ノ”ムキーッ!!
    よくテレビで手抜き工事のニュースとか見ますけど、
    どこにでもいいかげんな会社があるんですね~!
    そして、そのしわ寄せが真面目な人のところに・・・(´Д`)
    怒り過ぎてむなしくなっちゃうのも無理ないですよ。
    でも、体だけは壊さないでくださいね< (_ _*)>オネガイ

  6. 言葉は選ばないといけませんけど、真剣に怒らないといけないと思いますよ
    損得の問題だけじゃなくお客様のため成りませんから
    普段良い人が怒るとかなり効果あるはずですし

  7. かたさん、すみませんありがとうございますm(__)m! そうなんですよ、もしかしてもう忘れてるんじゃのいかって心配してるんです(´Д`)!何しろこの前Kさん初めて、「これからも宜しくお願いします!」って、頭下げにきましたから…(´д`|||)。そうとう設計士さんに怒られたんですよ。
    で、これで帳消し?の可能性が…(´д`|||)。

  8. tarojiroko嬢様、ありがとうございますm(__)m!!
    すみません、私よりも怒って頂いて~(´Д`)❤
    20年くらい前の時の方が、K さんはイイ仕事してたんですよ。実は今は工法が変わって、いい加減な人はよりいい加減になっちゃうんです。早さと引き換えに。
    でも、今回のは特別だったんだと思いたいの
    です。一応この世界で20年以上やってきてますから…(´д`|||)。

  9. h168 さん、ありがとうございますm(__)m!!
    このエントリーは、実はいつかh168 さんのブログのコメント欄でぼやいたやつでして…(´д`|||)。
    「そんなのやり直しでしょ!?」って言って頂いたやつです。 で、私そのK さんに言ったんですよ。「他の大工さんなら、この基礎やり直せって言ってますよ!!」と。
    さすがにお顔がひきつってましたね。
    ただ、今回のお仕事の見えない部品(鉄筋の組み方とか)は、設計士さんが立ち会ってますから大丈夫なんです。最後の最後のテンバのレベラーが、バカ野郎だったんですね。 まぁ、多分2度と基礎をしてもらう事は無いでしょう。私が関わる現場ではですが…(´Д`)。

  10. ボス関係なくない⁉︎(笑)
    その虚しさよくわかります( ´ ▽ ` )ノウンウン
    (そんな基礎屋さんの事を心の中ではかなりボロクソ思ってます)
    それでもやらねばならないのが大工の辛いところですよね(T ^ T)
    (そんな時は心の中では放送禁止用語連発してます(笑))

  11. Ask518さん、ありがとうございます~(´Д`)❤
    ボスには、グチを聞いて貰うんですよ~(´д`|||)!だって、やる気にならないですから~!で、吐くもの吐いたら「あの基礎屋のチ〇〇野郎~!とか、呪いながら仕事するんですねщ(゜▽゜щ)❤
    まぁ、時間も無いから大工がやるしか無いですしね。それにやり直しさせても…多分…でしょうからね…(´д`|||)。

  12. あってはいけない事ですが「現場あるある」ですね…
    私は新築をほとんどやらないのですが、たまに応援で新築現場に入ると基礎屋さんの精度がいかに重要か解ります。(勿論大工が直すべきでもあるんですが…)
    私が小僧の時に親方が直請け仕事の時だけお願いしていた基礎屋さんはレベルも通りもアンカーピッチも全て完璧でした。ただ一度一ヶ所だけ基礎幅が違ってしまった時そのミスった基礎のまわりを全てはつって打ち直してました。
    多分上棟まで日数があったからだとは思うのですが「○○棟梁の顔に泥塗っちまった!」って凄い悲痛な顔で言ってました。
    家って大工だけじゃ建たないです。
    他職さんに信頼される大工こそ「棟梁」なんだと思いました。

  13. 〆さん、ありがとうございますm(__)m!!そして、とても良いエピソードありがとうございますm(__)m!!
    そういう「仕事にハンパない誇りと責任感持った」職人さんなら、最高なんですよね(´Д`)! そして、そういう職人を集められるの人が昔なら「棟梁」!今なら………えっと…誰だ…?工務店の社長さんで、仕事のわかる人か?ちゃんと現場に足を運び、仕事の評価の出来る…責任者って、そう言えば今の時代にいるんかいな(´д`|||)?あ、監督さんか!? しかし、いい棟梁と基礎屋さんの話ですね…。羨ましいかぎりです(´Д`)。

  14. お久しぶりです。
    前工程が良ければ後工程は自然と良くなるし、前工程がダメなら後工程も・・・
    製造現場だと前工程にベテランを置き、後工程には中堅を入れると良い物が出来る確率が高まります。
    白井さん、お疲れ様でした・・・

  15. 先生、お久し振りです!そしてありがとうございます( ノД`)…!! まず、すみません…謝ります。 私この前、先生のブログにコメントさせて頂いた時にプライベートに立ち入る、不愉快な物言いをしました…。今後気を付けますので、どうかバカなヤツだと、笑ってお許し下さいm(__)m。それにしてもかなり嫌われてしまったのかと、ずっと気にしていたものですから…(´Д`)ソレナラ,イワナキャイイノニネ…。
    前工程がいい仕事すると、確かに先生のおっしゃる通りで、その流れがとても良くなりますね! 私ら大工がした後には、ペンキ屋さんとかクロス屋さんが仕事するんですけど、「ペンキ屋さんや、クロス屋さんが緊張するような仕事をするんだぞ!」って、言ってた先輩大工さんの言葉を思い出しました(´Д`)。
    逆に「適当でいいじゃん…」って、仕事をされると自分の仕事が駄目だったんだなぁ~って、思いますね(´д`|||)。

  16. 前回のコメントって結婚して子を~というのでしょうか?いやいや、全く気にしていませんよ(笑)単に仕事が忙しくてブログ更新が出来ない状況でした(・_・;)
    いつもコメントありがとうございます!

コメントを残す