広告

大人5人、子供6人で「立山一泊のんびり散策ツアー」щ(゜▽゜щ)❤

大人5人、子供6人で「立山一泊のんびり散策ツアー」щ(゜▽゜щ)❤

 

 

ある日、義理の母が ポツリと突然とんでもないことを 呟きました。

「皆で“立山”に登りたいねぇ‥」

 

「えっ!?」と、長男が驚いて  三男は「え?どこに行くって?」っていう顔をしました。

私の妻は

「いいね〜!行こう行こう、皆でぇ〜щ(゜▽゜щ)!」

と、無責任に はしゃぎ

(皆って‥  お義母さんと お姉さん夫婦家族と、うちの家族合わせて‥ 子供6人と、大人5人の合計11人って事‥?)

と、さらに圧倒的に無責任な私は

テーブルの端で、ただボケ〜っと、想像だけをしていたのでした。

 

Advertisement

 

【義母】それじゃ‥立山で一泊二日で、のんびりしたいけど‥

お盆の前くらいに、あんたらって  お休み取られるの?

「取られる取る取る!絶対に取るっ!」

隆之さんも大丈夫?

「この旦那ならいつでも大丈夫!早速、お姉ちゃんに段取りしてもらおっ!」

と、いう訳で‥

早速、“私の妻のお姉さん”が、小旅行の段取りする事になりました。

 

立山は、富山県(妻の出身地)のシンボル的な山で、

古来より“信仰の山”として崇められてきた山です。

(かつては「女人禁制」の山だったので、密かに入山して“大木”にされてしまった女僧侶の伝説(美女平)もあります。)

 

今現在は“立派な観光地”となった立山のふもとには、「立山あるぺん村」っていう大きなドライブインがあって‥

 

 

そこから立山の山頂一歩手前の「室堂」まで、一気に有料道路をかけ上がる「大型バス」が何台も発車しています。(マイカーは、自然保護のために  通行が出来ません)

この「バス」は完全に直行なので、もう1つの「ケーブルカー」に乗るコースとは違って乗り換えが必要無いし、時期によっては何時間にもなる「ケーブルカー」の待ち時間に 翻弄される事が無いのが魅力なのですね。

(ケーブルカーも、待ち時間の無い時期なら‥とても魅力的だと思いますケドね〜щ(゜▽゜щ)❤)

 

 

「あるぺん村」から、朝8時発のバスに乗り‥

山頂近くの「室堂バスターミナル」に、9時半到着。

 

その「室堂バスターミナル」から立山の山頂を目指せば、

途中の「一の越」までが、歩いて約一時間‥

(一の越にある、公衆トイレ。思いやり募金100円が必要。)

更に、写真に見える岩だらけの断崖のような山道を上がれば‥

約1時間くらいで「雄山」の神社がある山頂3,003メートルにたどり着ける。

 

が、果たして11人のメンバーの中で、何人が最高峰の「雄山」頂上にチャレンジ出来るかщ(゜▽゜щ)!?

妻の母は、少し膝に痛みを持っているので、恐らく「雄山」までは無理。(私の妻もおデブなので、恐らく‥)

更に考えれば‥

登山を予定した当日が「雨」で、  全く登山が出来ない事になるかもしれないという、恐ろしい話も!

そこで賢い義姉は、いかなる天候になっても楽しめる

スペシャルなアイデアを準備していたのですщ(゜▽゜щ)❤

それは

「室堂」からバスで5分程下った所にある‥

 

「立山高原ホテル」という、なかなか素敵ななホテルを予約してくれてた事ですね!

建物が新しくて綺麗だから‥

と、いう理由もありますが、

もう1つ、このホテルの建っている場所が良いんですね!

 

万が一、天候が悪くて山頂への登山ルートが怪しくても

ここのホテルから皆で「カッパ」を着て‥

「室堂」までの歩道を、山の草花を見ながらゆっくり登るコースがあるので、それなりに楽しめるというアイデアが ここのホテルを選んだ理由になっているのです〜っщ(゜▽゜щ)❤

 

観光バスだと、たった5分で移動出来る距離でも

人間が散策しながらだと

1時間は楽にかかってしまうらしいですね。

 

Advertisement

 

さて‥

立山散策では もしかして、こんな可愛い「オコジョ」ちゃんが  ひょっこり顔を見せてくれるかもしれない!

立山名物「雷鳥」ちゃんも、ウロウロしている可能性もあるっ!

そして、この綺麗なホテルで美味しいご飯と お風呂を満喫するのも楽しみっ!

 

いや、逆にカップヌードルを標高3,000メートルで、ズルズルとすするのもありだろうщ(゜▽゜щ)!

 

 

だけど唯一、バス料金がこんなに高くなるのかと‥

本当に驚きましたね〜(´д`|||)!

当日の日帰りバスなら往復で6,000円(室堂での滞在時間6時間が楽しめる)の、バス料金なのに、

一泊二日だと、片道料金×2になるんですね。

すると、片道料金は5,000円にもなるので‥

往復では1人につき1万円もの“バス料金”が、かかってしまう〜щ(゜▽゜щ)!

今回は11人もいるから、バス料金だけで11万円もする〜!  ぎゃ〜щ(゜▽゜щ)!!

 

(まっ、遊ぶって事はお金がかかるんです!ブログを書くのと同じ事なんです!!と、自分に言い聞かせる‥)

 

Advertisement

 

 

2,018年  8月 11日   朝5時00分  石川県七尾市を出発〜!

途中、コンビニで朝ごはんを買ったり  トイレ休憩したりで‥

「立山あるぺん村」には、バス発車の30分前になんとか到着。

ここの駐車場でお義母さん、お義姉さん家族と合流。

ちょっと小雨降る中‥

満面の笑みの次男も

(我が家の長男を大好きな)お義姉さんとこの、末っ子長男も

大型バスからの景色が

雨、雨、雨‥   で、寂しくなって

爆睡モードになってました。

 

終点「室堂」まであと5分の途中地点の「天狗平」に、予約通りに途中下車をして‥

今晩宿泊する、「立山高原ホテル」さんに荷物を預かってもらいに‥

ついでに雨ガッパに、お着替え!

まさに予定通り〜щ(゜▽゜щ)ってか!?

 

でも、なんで今日に限って雨降る?

昨日は青空だったよね?

今日のお天気さんって本当におバカさんなの?

 

次のバスを待つと、50分後だというので‥やっぱり室堂までの山道を歩く事にしました。

お義姉さん曰く、少しずつ天気は良くなるハズ‥

って、もうさっきから雨やんでるやん‥  と、お義兄さん。

「脱いじゃえ脱いじゃえ〜!」って、皆でカッパを脱いで

はぁ〜!やっと体が軽くなったよぉ〜(笑)!

 

写真を撮ったり、お菓子食べたり‥

意外に遠かった「室堂」でした‥(´д`|||)。

 

はぁ‥  やっと到着したわね‥と、義母さん。

かなり疲れた様子‥  で、この「室堂」で、昼食お昼休みを取る事にしました。

 

この日は「山の日」なので、特別に催しがありました。

だけど私達は、この会場から階段を降りて‥

「立ち食いおそば」のあるお店へ

私は「かき揚げそば」を食べました〜щ(゜▽゜щ)❤

 

Advertisement

 

 

「わたしゃ、この辺をぶらぶら散策しとるから あんたらだけで“一の越”まで登りっしゃい!」と、義母は笑いました。

もう、足がくたくたになっちゃったんですねぇ‥(´д`|||)。

 

まぁ、この周りには「ミクリガ池」って立山が噴火した時に出来たカルデラ湖があったり、雷鳥がグァグァと歩いてたりするから退屈はしないとの事。

それでは、「一の越」までの約一時間‥楽しむぞぉ〜щ(゜▽゜щ)❤

珍しい草花‥  は、こうやって見られるんですけど‥

もう、この標高だと“杉”とか普通の樹木はどこにも生えてないですね。ハイマツとか、チングルマとか‥背の低い木しか生きていけないらしいです。

 

まだ雪も所々に残っている〜щ(゜▽゜щ)❤

で、いつものうっかり八兵衛キャラの次男が急に「トイレがしたい!」と言い出し‥

せっかく登ってきた山を、途中まで降りる事になりました(´д`|||)。

私も次男について行くしか無いので

皆から、はぐれる事に‥

 

ここでトイレのお礼を兼ねて、小さいお菓子を買って‥

二人でボリボリ食べながら、皆に追い付くために“はや歩き〜”!

だけど‥

 

先に行った皆に追い付くために、二人して頑張って登ってはみるものの‥

元気に下山してくる小学生に「こんにちは〜щ(゜▽゜щ)!」って、言われているのに

「こ、こんにちわぁ〜ゼェゼェ‥」って、返すのがやっとの自分‥

あれ?

空気が薄いから‥?  ゼェゼェ

こんなに 体力が無いのかしら‥(´д`|||)?

それとも、もう歳だからゼェゼェ言ってるのかしら‥?

 

「や〜い、運動音痴〜!」と、この前まで言ってた次男に

私は全く追い付く事が出来ませんでしたね‥(´д`|||)。

 

Advertisement

 

やっと‥    待っていてくれてた、皆と合流‥щ(゜▽゜щ)❤

 

で、一の越に、なんとか到着‥

ついでに“一の越山荘”の中を探検してみる。

約40年近く前、私の小学校の5、6年生の皆でこの山荘に泊まった記憶がよみがえるかしらと‥

ここの食堂で、早めに晩御飯を食べて‥

早朝3時過ぎに起きて、御来光を見るために「雄山」頂上に

リュック背負って懐中電灯1つ持って上がったんだっけなぁ‥

(真っ赤なスポーツシューズを買って貰った記憶はあるんだけどなぁ‥)

なんとか「一の越」まで登ってきたけど、もう動けないメンバー達。

ここから先の「雄山」頂上に挑めるのは、お義兄さんと、その小学3年生の長男  そして‥我が家の中学3年生の長男と、小学3年生の三男の合計4人のみ。

 

(お義兄さん、本当にありがとうございました〜щ(゜▽゜щ)❤)

 

そんなこんなで、「室堂バスターミナル」まで下山して‥

今度はバスで、「立山高原ホテル」まで5分のドライブ

お風呂に入って、晩御飯を頂き‥

雲海に沈む夕陽が綺麗だからと、レストランのマネージャーに言われて

宿泊客みんなで、食事の途中なのにゾロゾロとスリッパのまま夕陽を拝みに行って‥

また、飲み直して‥

夜になったら「木星」が見えるからと、天体望遠鏡を覗かせてもらったり‥

立山の自然を守る会?の、おじさまの1時間程の講演会があったりと‥

かなり熱血サービスなホテルだなと、感心もしましたね。

 

朝食は、バイキングで思い思いのメニューを楽しみ

ホテルを出て

バスで「室堂」まで上がったら‥

ゆっくり周辺を散策する事に。

 

ミクリガ池周辺を散策していたら、「雷鳥」の親子も散歩してて

なかなか可愛かったですねщ(゜▽゜щ)❤

 

アイスクリームをお義兄さんにおごってもらい‥

焼きたての「五平もち」をほお張り‥

おデブな我が妻は、「地ビール」に舌鼓〜щ(゜▽゜щ)❤

 

と、楽しかった一泊二日の「立山登山」は

あっと言う間に、終わっちゃったのでした‥

 

が‥、

実は知らないうちに大変な事が起きていたんですね〜щ(゜▽゜щ)!!

 

立山登山の数日前に「丸坊主」にしてしまっていた我が息子達!

なのに、帽子も被らずに標高3,000メートルの雲の上の世界でウロウロしていたものだから〜!

 

頭皮が日焼け‥と、いうより火傷をしてました!!

メープルシロップみたいな汁が、頭皮のあちらこちらからこぼれだし‥

やがてかさぶたになって‥

とても可哀想な目に合わせてしまいました‥(´д`|||)。

 

立山登山の教訓~!

登山するなら、帽子をかぶり

日焼け止めクリーム等の対策を取る事〜щ(゜▽゜щ)!!

 

 

 

以上、終わります‥(´д`|||)。

 

Advertisement

 

 

 

【※使用画像について】

立山あるぺん村公式ページより、引用紹介させて頂きましたm(__)m。

 

 

 

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。